大曽根(おおぞね)は 名古屋市北区と東区にまたがる

コラム

ARB 上段

区内には名古屋大学等 教育関連施設が複数あり 学生も多く見られる

ARB 中段

新栄(しんさかえ)、千種(ちくさ)は、名古屋市中区栄の東側に位置する地区。地下鉄東山線の新栄町駅から千種駅に跨る。ビジネス街および商業地であり、住宅街も混在しているエリア。
大曽根(おおぞね)は、名古屋市北区と東区にまたがる。エリアの東側にナゴヤドームがあり、大曽根駅にはJR中央本線、名鉄瀬戸線、地下鉄名城線、ゆとりーとラインが乗り入れる。
東区(ひがしく)は、JR中央本線、名鉄瀬戸線、名城線等が乗り入れ交通利便性が高い地区であり、大曽根駅を交通の中心としている。南東部は企業の本社・支社が並ぶ商業地域として栄え、オアシス21、ナゴヤドームといった大型商業施設がある。一方、尾張徳川家の面影を残す建中寺、徳川園などといった歴史的な観光地でも知られる。
千種区(ちくさく)は、名古屋市の北東部に位置し、JR中央本線、地下鉄舞鶴、桜通線が利用できる利便性の高いエリアでありながら、東山動物園を含む緑豊かな丘陵地帯を有している。JR千種駅周辺は商業地と住宅地の顔を併せ持ち、暮らしやすいエリアとされる。区内には名古屋大学等、教育関連施設が複数あり、学生も多く見られる。

日本中部地方に位置する県で、大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3地域で構成されている。トヨタ自動車に代表される自動車企業が数多く所在。その他鉄鋼業、電気機器製造など、多くの企業が集中し、岐阜県、三重県まで続く中京工業地帯の中心地である。
県庁所在地である名古屋市は、中京圏で最大、全国でも三番目(東京特別区部を除く)の人口を擁する都市である。

ARB 下段

コメント

タイトルとURLをコピーしました